「ほっ」と。キャンペーン

海を越えた「まごころ」

年が明けてしまいました。
最近不調が続いていたパソコンを新しくして、環境もすっきりです。

去年は割と定期的に映画館に足を運ぶ機会があったのですが、
その中でも最後にみた作品を。

b0212492_13275462.jpg

日本とトルコの合作映画「海難1890」。
1890年、和歌山県沖で沈没したトルコの船「エルトゥールル号」が遭難した際、
海辺の村のひとたちが献身的に救助をしたという実話を基にしたおはなし。

単純に、じーんとする場面が多い映画でした。
この沈没事件そのものに関してはいろいろと映画に描かれない事情や背景もありますが
単純に、苦しんでいる人を真の当たりにしたときに
明治時代の人たちが言葉も通じない中、必死に目の前のトルコの人たちをたすけたという事実に
ただただ感動するばかり。
こうした歴史のいきさつがあって後の1980年代のイランイラク戦争勃発の際、
日本人がイランから脱出するための飛行機を日本から飛ばせないと分かったときに
トルコ政府がトルコの飛行機を日本人のために飛ばしてくれた…という史実まで
映画では描かれています。
今時あまりみないかもしれない、こころとこころが通うおはなし。

以前、一人でトルコを旅した時のことなのですが
トルコの人たちは本当に日本人に親切で、日本語を勉強している人も多い。
日本のことを好きでいてくれる人が多いのだと思います。
たまたま海峡を渡る船に乗っていた時に話しかけてきた同世代の女性は
このエルトゥールル号事件のことを学校で教わったと教えてくれました。
映画のパンフレットでもキャストの方たちが語っていますが、
トルコの人たちは、
「ご先祖が日本人に助けてもらったことがある」ということを
教育を通じてご存知です。
一方の日本。イランイラク戦争のとき、トルコの人たちが
自国の国民よちも困っている日本人のために優先して飛行機を飛ばしてくれたこと、
どれぐらいのひとが知っているかなあと思いました。
歴史の書物には名前が残ることもないであろうふつうの暮らしをしていた人たちの行動で
それぞれの国が自分の国のことを、ちょっと誇りに思える素敵なおはなし。
どんどん知ってもらった方がいいなあと思いつつ。
映画だったらとっつきやすいでしょうし。。

そしてこの映画のもう一つのみどころは映像の迫力だと思います。
エルトゥールル号の航海、遭難のシーンは圧巻です。
今の映画ってCGで映像を作ることも多いかと推察しますが、この映画は
特撮ユニットが入り、ふんだんに特撮が使われています。
炎や大波の圧倒感は、やはりコンピュータで再現したものと
「実際に、そこにあるもの」では質感が違う(と、私は確信しております)。
モニターの中だけではなく、たくさんの人たちが体と頭をフル稼働して作る特撮は
映像に熱が加わる気がしています。
特撮監督は熊本出身の佛田洋さん。こちらも必見です。

それぞれの国の政府が全面協力をしたということで
いいことだったり大変なことだったり色々あったかと思うのですが
とにかくもう映画化できたことがすごいなと思う作品でした。

この映画を見たころ、
宮城の南三陸町で、震災後閉じていた病院がオープンしたというニュースを見ました。
何でも、費用のほとんどが台湾からの寄付金だったとか。
この土地にも、台湾の人たちへの「ありがとう」の気持ちが
末永く受け継がれるといいなと思います。

見方は人それぞれですが、ぜひ
「昔こういうことがあったんだ」ということを知るきっかけにしてほしい映画です。
海難1890 まだ見られます。

http://www.kainan1890.jp/
[PR]
# by emerald-isle | 2016-01-16 14:10 | 日常

まだ楽しめる特撮博物館

どうもこんばんは。
先日、出張先できれいな花をみました。
b0212492_03050188.jpg

甘茶。あじさいの一種だそうで、周囲と中心で違う形の花が咲きます。お上品な感じで癒されました。

会期があと少しですのでまたも書きます、特撮博物館(熊本市現代美術館で開催)。
先日友人と2人で行った時いつになくはしゃいで写真撮っちゃいました。
b0212492_03061153.jpg


廃墟マニアの記念撮影…
友人がウサギのパペットを持ってきていたので
これは使わない手はない…!
とはいえ、セットの中に置くわけにもいかないので土台を作る。
b0212492_03070072.jpg

写真で見えなければいいんです、これが実態。
手持ちの手帳、財布、ポーチなどなどを積んで、セッティング完了

b0212492_03085063.jpg

かつ、限りなくローアングルで撮影。
閉館間際で人が少ないのをいいことにかなり本気モードになっちゃいました。お手元にこの手の小型ぬいぐるみ等お持ちの方、人込みじゃ撮れない写真がとれるかもですよ。


前置きが長くなりましたがきょうはこれから行こうかなと思われてる方へのオススメトピックご案内。

音声ガイド。です。

騙されたと思ってぜひ借りてみてください。ただ観てるだけじゃ気付かないことをいっぱい教えてくれます。
たとえば、会場に展示されているウルトラマンのマスクには、Bタイプと注釈が入っています。じゃあAタイプもあったの?どう違うの?
これを、音声ガイドがすぱっと解決。
私が一番ツボにはまったのは飛行モデルのウルトラマンについて…撮影に欠かせない背中にある面白いものが付いてることを教えてくれます。もちろん、普通に肉眼で確認できるものなのですが、そもそもそんなところ気にして見てないから、
ガイド聴かないと私は絶対気づいてない…!これが醍醐味。
他にも、ウルトラマンのデザインはとある仏像がモデルになったとか、とある展示品の飛行機が色を塗り替えて別の展示品に使い回されているとか…
そもそも、会場内の作品の大半は私が生まれる前の公開映画が殆どなのでフツーに予備知識の宝庫。
ちなみに、音声ガイドは東京展から使い回されているようですが、展示品の数でボリュームも当然変わります。一番ガイドの情報量が多かったのは東京展なのですが、聞くところによると
全部聞いたら総計90分あったらしい…
手がけた本人が「そんなに長いガイド全部聴かんわ!」と言ってたそうです。
熊本展は東京ほど展示数がないのでガイドは少なめ。とはいえ結構な情報量があるので、時間に余裕を持って来館されることをオススメします。

火曜日は休館日なのであと5日、
残りわずかですよー。。

[PR]
# by emerald-isle | 2015-06-23 03:07 | ART

セカイの音楽とピーターバラカン。

b0212492_10494584.jpg


どうもこんばんは。
先日、禅寺で写経しました。
摩訶般若波羅蜜多心経。
よのなかのものは、ぜーんぶ変わり続けていて一瞬も同じものはない
だそうです。
風も雲も、身の回りのものも、もちろん人のからだも、こころも。
分かってるつもりでも、忘れがちなことだなあとしみじみ。

話変わって、
学生時代はラジオっ子、大人になってからも車で音楽なしにはいられない、自室でも音楽聞いてぼーっとしていることがある音楽好きなのですが、先日同僚の話に感化され、とある本を入手。

b0212492_10494561.jpg


著者は、ピーターバラカン。
ラジオで世界中の音楽を紹介しまくるイギリスうまれの日本語が超流暢なブロードキャスター。
私は、某公共放送で日本文化を外国人向けに発信するオール英語の番組のMCで、この人のことを知りました。また、日本や世界に対するジャーナルな視点や発信力も、魅力を感じる方です。

そんなピーターバラカンが、雑誌に連載していたCDレビューのコラムを一冊にまとめた本がこれ。もちろん誰もが耳にするアーティストも載っているのですが、
まあー聞いたことない国の音楽やアーティストが出るわ出るわ!
この本開かなかったら一生出会わなかったであろうジャンルの音楽がいっぱい載っていて、とてもワクワクする良書でした。
文章からは、音楽に対する敬意や愛が伝わりますし、音楽の背景にある歴史を感じられることも。
全部の音源を入手はなかなか困難ですが、本に目を通して気になるものを選ぶスーパーカタログみたいな本です。
私も早速、Amazonでいくつか購入。
けど、やはりというか何というか

日本で売ってないものが多くて世界中からお取り寄せ…
うーん、届くのを気長に待とう。




[PR]
# by emerald-isle | 2015-06-20 10:39 | 読んだ本/book

続、特撮博物館へのお誘い

どうもこんばんは。
若干今更感を感じられるかも知れませんが

b0212492_02162944.jpg
メイソンジャー。
同僚の女の子と一緒に行った雑貨店で即日購入。
世間はジャーサラダで盛り上がっていましたが先日、
大量にいただいた南高梅で
ジャムを作って詰めてみました。

b0212492_02165948.jpg
作りながら思っていたのですが
多すぎて当面なくなりそうにありません。
同じサイズのビンあと2つ分…当分ジャムは買わなくてよさそうです。

そのうち書こうと思っていたら
会期が殆どないことに気付き今更アクセル踏み込んで書きだす始末です。
またも特撮博物館。


b0212492_02181927.jpg
展覧会会場の最後のコーナー、ミニチュアステージでは
写真が撮り放題。
ど真ん中の道路の奥に人が立つことができまして、
あなたも街を破壊できます。
右下の黒い塊は小型カメラ。3センチ四方位の大きさ。

…ということは、この写真にうつるセットが
どれだけ小さいか伝わりますでしょうか。

b0212492_02193416.jpg

後ろ姿の皆さんはぺらっぺらの紙に写真をプリント、
枠通りに切って並べております。
高さ10センチ弱位でしょうか。
全体的な大きさのイメージが掴めたところで
展示されているミニチュアの細かさをご覧ください。

b0212492_02201063.jpg
b0212492_02203562.jpg

机の上のラーメンどんぶりが直径2センチ位でしょうか。
リポDなんか、小指の爪の先ぐらい。

b0212492_02225412.jpg
ちゃぶ台の下のジャンプとキャンパスノートのぺこぺこ具合が私はツボでした。
あとあふれんばかりの奥のゴミ箱。
ちなみにこの部屋のミニチュアセットはいわゆるドールハウスのように
横60センチ×高さ40~50センチぐらい?の箱の中に作り上げられています。
で、部屋の中から窓の外が微妙に見えるのでこの箱部屋の奥をヒトが歩けば
「巨人出た!」
という映像になります。
当然、主に部屋の中を撮影するために作られているのですが、
びっくりするのがこの部屋のガラス戸の奥に広がるベランダ…
b0212492_02292277.jpg
赤と黄色のビール箱は部屋からも見えますが
投げ出されたサンダルに台車、ベランダの柵に挟まった布団用洗濯バサミ…。
部屋の中から殆ど見えんでしょう…!
突っ込みドコロ満載なのですが、同時にこれこそが
リアリティを追求した行く末というか。

会場に展示されているこの箱部屋セットは、展覧会の会場内で上映中の映画に登場します。
…が、本編には10秒足らずしか映りません。
しかも照明がかなり抑えられていて、
足の踏み場がないほど散らかった部屋は薄暗くてよく見えません。
ベランダなんてもう殆ど全く。
それでも。

「映画のワンシーンである以上、実写並みの映像をミニチュアでつくりあげる」

この徹底ぶりがどれだけのものなのか、
映画を観た後、実物のセットを見て確かめられるのが、この展覧会の魅力です。

だし、こういった種明かしを知ってほしいからこその今回の展覧会なのでは?とも思うのです。

これまであちこちで言われていることですが、
ミニチュア特撮の撮影はいま、
衰退の一途をたどっています。
制作に時間と費用が膨大にかかること、
さらに時代とともにCG技術が発達し
ミニチュア特撮と同じような映像が簡単に作れるようになったことなどが
大きな原因といわれます。

確かに、時間やお金という物差しだけでみるとデメリットだらけかもしれない。
でも、CGが作り出す画面の中だけの景色と違い、
小さいとはいえ
「そこに実際にあること」がもたらす「リアリティ」は
映像にあらわれるのではないか。
そんな気がしてならないのです。

そして、日本の映像界の歴史を振り返れば、
CG映像が主流になる前に、特撮映像が映像界を担っていた時代も
確実にあったわけで。
今回の展覧会では「美術品」として展示される
ミニチュアの数々ですが、本来は「撮影道具」。
撮影が終われば処分されるのが当たり前だったものもあると聞きます。

時代が流れて技術が進歩し、
映像界でも撮影手法の主流がとってかわられていくのは
当たり前のことで
CG映像を全部否定するつもりもありません。
ただ、特撮の技法をゼロにしてしまっていいのか。
ほんの数秒の撮影のために
職人たちが丹精込めて作ったミニチュアを
「今後使わない」という理由で処分してしまっていいのか。

「撮影道具」に「日本の映像界の歴史の一端を示す証」という
新たな役割を持たせる挑戦、それが今回の
「特撮博物館」の目的のひとつなのかなあと、感じています。

この「特撮博物館」は熊本を含め国内5か所を移動する
いわば「架空の博物館」でしたが
今回の熊本で巡回展は終了します。
多くの個人蔵の展示品は持ち主のもとへ。
映画会社が所有するものは映画会社へ。
じゃあそれ以外は…?

なーんて、考えてしまいました。

ともかく、まとまった形で見られる機会は今後そう簡単にはやってこない気がします。

これから展覧会に行かれる方がいらっしゃったら
ぜひ作品たちの行方にもすこしだけ
思いを馳せていただけたらなあとおもいます。

b0212492_02481427.jpg
山崎豊子原作の「沈まぬ太陽」の映画で使われた飛行機。
もはやミニではないミニチュア。
薄汚れ具合がリアル。
b0212492_02485644.jpg
ところで会場では割と自由なアングルで写真を撮ることができますが
b0212492_02494226.jpg
こんな風に、できるだけ下から撮ると
リアルさが増します。
ミニチュア世界の人の目線になるのがポイント。

お試しくださーい。

「館長庵野秀明 特撮博物館」
熊本市現代美術館で今月28日まで開催しています。

http://www.kkt.jp/event/tokusatsu/


[PR]
# by emerald-isle | 2015-06-09 23:30 | ART

特撮博物館へのお誘い

どうもこんばんは。
世間は梅雨まっしぐら、洗濯物が外に干せない季節の到来です。

こういう季節にお薦めなのが、美術館…!
熊本在住の皆さん、市現代美術館で開催中の
「館長庵野秀明 特撮博物館」
ご覧になりましたか??
日本の特撮世界を支えてきた仕事道具が美術館に勢ぞろい。
手仕事の精巧さや、特撮映像がどのように撮られていたかなど
日本が誇る技術の素晴らしさを体感できる展覧会です。
私自身は全く特撮世代ではないのですが
2年半前の東京での開催時にふらっと見に行ったところ
うっかりハマる。
職人さんたちすごすぎる。
もちろん熊本展にも足を運んだので
写真で説明できる範囲だけでもご紹介。


b0212492_23404879.jpg

美術館の一般スペース(展覧会チケット不要)に
展示されているセット。
遠景に見える最奥の山の後ろに立てば、誰でも巨人になれる…!
単なる立体セットじゃなくって、
人工的に遠近感を増幅させているんです。

どういうことか?このセットを少し引いて見ると…

b0212492_23413132.jpg
ピンボケで申し訳ないのですが、手前の道路にご注目。
道幅が奥に進むにつれて変わっているの、分かりますか??
横から見ると…

b0212492_23423586.jpg
道幅が画面向かって左(セット奥)になるにつれ
ぐっと狭くなり、おかれた車も右端と左端を比べると
全然違う。
これをセット正面(この写真向かって右)から撮影すると

b0212492_23431596.jpg
こうなる。最初に考えた人がすごい。
ちなみに手前の鉄塔は高さが1メートル以上あるのですが
一番奥の鉄塔は20センチ弱。

b0212492_23435049.jpg
後ろからひょこっと出すざっくりさ。
でも大きさは手前の5分の1サイズ位とはいえ、
ディテールは手を抜かない。
これが日本の職人の凄さ!!

b0212492_23442408.jpg
ガードレール150分の1スケール。
1個のガードレールが横幅1センチぐらいだったか。
よく山肌であのグレーの格子壁、見ますよねえ。
そしてもう一個びっくりするのが
左部分の緑やら茶色やらの草みたいの。

b0212492_23445431.jpg
本物の植物だった…!
ヒムロ杉といって、ウルトラマンで有名な円谷英二さんの時代から
ながーく使われている杉だそうです。
枯れないように薬を塗ったり、色を上から重ねたり
様々な加工を施して長ーく使うそうです。

b0212492_23452158.jpg
セットの見えないところに
現役スタッフがわざわざ注意書きをしてくれています。
しかも附箋か何かに書いている…。
ちなみに手前は本物の植物を使って質感を出しますが
最奥の山は、絵です。

b0212492_23460286.jpg
改めてご覧ください。3つ奥の山は、絵。
こんな霞み方、実際にもしてますよね…
最近似たような景色を観たときミニチュアに見えてくるあたりが
もう特撮病というか。
↓の真ん中の山が絵ですね。ぺらっぺら。

b0212492_23463202.jpg
20センチの鉄塔を作れば、170~180センチの
人間がスーツを着たウルトラマンも
数メートルの巨大ヒーローになれるというカラクリ。

「カメラのファインダーを通したとき、いかにリアルさを出すか」


会場では、随所に当時の職人たちの技と熱意が垣間見えます。
何せ見ないと分からないことが多すぎる今回の展覧会。
展示品の多くが個人蔵ということにも驚かされます。
個人蔵ということは、
今月末の会期を終えると持ち主に返されるため
今後そう簡単には見られません…!

ぜひ会場へ足をお運び下さい。
ビビります。
一瞬にかけている技術やらお金やら、時間やら…昔の特撮映像界のスケールのでっかさに。


「館長庵野秀明 特撮博物館」
熊本市現代美術館で今月28日まで開催です。

http://www.kkt.jp/event/tokusatsu/


[PR]
# by emerald-isle | 2015-06-08 23:55 | ART

道後温泉×アート!(遅いけど…)

大変お久しぶりでございます。
ながーい冬眠をしてしまっていたのですが
今年は少しずつ発信していこうとパソコンに向かい始めた涼でございます。
今後もふらりとご覧いただければ幸いです。

先月のことになりますが、遅れた夏休みをいただき
ぷらりと道後温泉に行ってまいりました。

b0212492_18034733.jpg


目的は、アートイベント観覧です。
実は去年、道後温泉本館は改築120年の大還暦を迎えました。
これを記念して、温泉街一帯にアート作品が展示、作成されたり
老舗ホテルの部屋をアーティストが泊まれる作品に変えるという
面白い試みが進められました。
その名も、道後オンセナート。

b0212492_18045684.jpg
…去年、イベントは終了(!)。

だったのですが、
大変ありがたいことに一部の作品は期間を区切り
(もしくは永久で)展示が続いていることを知り見に行くことに。

b0212492_18060449.jpg

10数年ぶりの道後温泉は
街がとてもこじんまりとしている印象を受けました。
子どもの頃と大人になってからじゃこんなに肌感覚が変わるのか。

複数のアート作品を観ましたが
「これはすごかった」作品をご案内。

①「Sketch 」谷尻誠 作 @道後プリンスホテル
作品があるのはごく普通の老舗ホテルです

b0212492_18075824.jpg

観覧料(場所でまちまち、500円~1000円程度)を支払うと
ホテルの従業員さんが部屋へ案内してくれます。
案内された部屋は、高速道路のトンネルなどで使われる
ナトリウムランプで照らされるエントランス。

b0212492_18084632.jpg

色彩感覚を失いかけたところで客室への扉を開くと

b0212492_18090728.jpg

なんだなんだ。…って、部屋に入ってからがすごかった。

b0212492_18092938.jpg

言っときますが、画ではありません。
油絵スケッチチックな、泊まれる部屋です。
…見た目は二次元の世界ですが。静止画だとさらに顕著。

ちゃぶ台の上も

b0212492_18101140.jpg
b0212492_18095521.jpg

アクオスも(テレビは普通に見られます)

b0212492_18112892.jpg


洗面台も…

b0212492_18120825.jpg
b0212492_18115493.jpg

天井も

b0212492_18123501.jpg

オール油絵の具。

b0212492_18132126.jpg
b0212492_18125480.jpg


床は、直接絵の具に触れないように透明の板が敷いてあり、
カーテンはかっちかちでした。
いやもうびっくり!

立体感覚失います。この発想に驚き。
従業員さんに聞けば、結構宿泊するお客さまもいたとのこと。

…異世界過ぎて眠れない(!)。
写真を撮るのが、いちいち楽しかったです。
唯一心残りだったのが
自分込みで部屋の写真を撮ってくるのを忘れたことです…。

1974年生まれ、まだまだ若い谷尻誠さん。
他の作品も見てみたいなと、思います。

②「わが魂の記憶。そしてさまざまな幸福を求めて」
作 草間彌生@宝荘ホテル
こちらがホテルの外観↓

b0212492_18140555.jpg


もともと草間彌生が作った部屋が見られるという話を聞いて
興味を持った道後オンセナート。
実際に行くと、多くの素敵な作品と出会えましたが
やはりきっかけになったこの部屋は見ておかないと。

…で、ホテルの方に客室まで連れて行ってもらうと

b0212492_18142350.jpg

自己主張が強すぎな入り口です。
で、入ってからもこれ

b0212492_18150159.jpg

…いやあ、一晩過ごせない(!)。
分かっちゃいたけど強烈です

b0212492_18151635.jpg
戸棚もシンプルだと思いきや扉を開けると
b0212492_18153761.jpg

洗面所に行ってみると

b0212492_18160357.jpg
b0212492_18162326.jpg

ベッドの上のハートマーク、ちかづいてみると

b0212492_18171535.jpg
b0212492_18173320.jpg
色んな水玉がぼこぼこ出ています。
これって、草間さんの昔からの表現手法で
男性器がモチーフになっているとのこと。
草間さんは
見えて、感じて言い表せない思いを作品に還元しているんですね。
苦しい思い、明るい思い、色々あったのだと思いますが
作品になるとたくさんの人を感動させる奇跡。
エネルギーを感じる作品です。

で、ベッドの横にふすまを見つけました。
開けてみると

b0212492_18175047.jpg
別の色の部屋が見えます!!
b0212492_18184503.jpg
b0212492_18182947.jpg
b0212492_18194380.jpg
部屋という部屋中が黄と黒の水玉です

b0212492_18200756.jpg
b0212492_18202342.jpg
押し入れ開けたら声上げそうになりました

b0212492_18211849.jpg
和室の一角にあった小さい物入れ。
開けると…
b0212492_18214097.jpg
突如、アカペラの唄が聴こえてきました
b0212492_18220179.jpg
「作詞作曲、草間彌生。マンハッタン自殺未遂常習犯の歌
♪抗鬱剤のんで 去ってしまう~♪」

もう、異世界ですよ。
ちなみに、歌は棚の扉を閉めたら止まりました。

畳の縁は、最高に可愛かったです

b0212492_18223821.jpg
b0212492_18225543.jpg
さらに、一番ベランダ側の一角は部屋中が水玉模様。
カーテンを閉め切ってブラックライトを付けると
部屋中が水玉模様です。

ちなみに冷蔵庫の扉を開けると
b0212492_18232353.jpg
b0212492_18233940.jpg
水玉ドレスのやよいちゃんがひょっこり。
このやよいちゃん、部屋に全部で8人いたそうなのですが
私は頑張っても5人しか見つけられませんでした…。

圧倒されて、ホテルを後に。
今回、私が度肝を抜いた2作品を紹介しましたが
他のホテルにはそれぞれ、
別のアーティストが手掛けた部屋があります。

b0212492_18240463.jpg
b0212492_18241836.jpg
b0212492_18243239.jpg
去年の会期中からは減っていますが
それでも6作品楽しめます。
他に屋外作品もちらほらと。
b0212492_18052266.jpg
見られる期間は異なりますが
興味のある方、足を運ばれてみてはいかがでしょう。
ちなみに私は新幹線で広島まで行き、
路面電車で広島港まで移動してそこから高速船で松山へ。
意外と、移動はらくちんでした。

日本書紀にも残る日本最古の温泉が、最先端の現代アートを受け入れ
共存しているフシギ。
体感すると、感動もひとしおです。

道後オンセナート
http://www.dogoonsenart.com/

職場に新入社員も入り、風がまた変わりました。
これからも、たくさんの新しいものを自分の眼でみつめ、
たくさんの今まで大切にしてきたものを
かわらず大切にして日々をすごしたいですね。


[PR]
# by emerald-isle | 2015-04-05 18:28 | ART

紫蘇大好き

どうもこんばんは。
仕事が立て込むとどうにも顔がしかめっ面になりがちですが
そんな時ささやかな笑いを求めるために私がよく使うのが
付箋でございます。
「面白ふせん」なんていわれるとワクワク。
そういうことを日頃から周囲に吹聴しておくとあらふしぎ、
皆さまから戴くおみやげにそういうものが出没してくるんです。
そんな中から、お気に入りのミョーな付箋を公開。

b0212492_23352507.jpg
一個上の先輩のカナダ土産。
私のツボを知ってか知らずか
どんぴしゃのプレゼントです。
どういうわけか私の掌とちょうど同じぐらいの大きさで
(多分写真をもとに作ったプリントなんですよね)
さらにおかしい。
使うときはたいてい、デスクトップパソコンに
ぺたっと貼るのですが
「怖いわこれ」といわれました。
まだあと数十枚あるので最後まで使おうと思います。

続いてこれも現役

b0212492_23371879.jpg
たまにおしゃれ文具店でみかけますがこれもお土産。
「見た瞬間きっと好きそうと思って!」との友人。
さすが。
よれよれの筆遣いでおっちゃんが描いてあります。
吹き出しに「○○さま ××さまより電話がありました」などと
メモを描いて机に置いているのですが
あるとき
「え、自分で描いた絵じゃないの!?」と言われました。

違います。

これはもうすぐなくなるのでそろそろ新しいのを…と思い
amazonで先日購入した新付箋がこちら

b0212492_21310179.jpg

本物そっくり。裏まで葉脈がプリントされている手の込みよう。

付箋は消耗品なので常に新しいものを探しております
変わった付箋をご存じの際は、ぜひご一報ください。


きょうのお題も、葉っぱです。

先日、超ご近所に住んでいる友人からメール。
「シソいらない?」

いるいる!

彼女の家の自家菜園のお野菜を時々おすそ分けしてもらっているのですが
今回はシソを頂けるとのこと。
玄関のドアに引っかけとくから、と言われて帰宅したところ
あったあった。袋いっぱいのシソ!

多分、数百枚規模。さあどうしよう。
シソって大好きなんだけど日持ちしないからなあ
とりあえず、刻んだミニトマトとめんつゆと一緒に
卵焼きにしてみた

b0212492_23393574.jpg
ちょっと不格好ですが、いける。1回あたりのシソの消費量は5枚程度。
3~4回ぐらい作りました。
普段超プレーンな卵焼きしか作らないので贅沢卵焼き(笑)。
まだシソはあるぞ。

b0212492_23470329.jpg
刻んだシソと生姜、豆腐と一緒に混ぜた鶏肉ハンバーグ。
味付けもカロリーも控えめなので
ポン酢やめんつゆであんかけ作ってみました。
(本当は、出汁+みりんや醤油で作った方がおいしい)
これは大量に作って冷凍保存できるので10個弱ぐらい作ってみました。
これに伴うシソの消費20枚強。
まだシソはあるぞ。

そこで、以前とあるダイニングバーで食べさせてもらったシソ料理を
思い出しました。
シソでジェノベーゼソース(風)!
バジルで作るアレです。
これはたくさんシソを使うだろうと思い、レシピを調べたら
ありました!
シソ50枚!!
これが超簡単で、シソとオリーブオイルとニンニクと塩を一緒に
ミキサーにかけるだけで出来上がり。。
ナッツ(くるみなど)を入れるとよりコクが出ます。
中には塩麹を入れてつくるレシピもありました。
たまたまお菓子作り用のくるみが家に残っていたので一緒にいれ
ミキサーのスイッチオン!

できたーー。とてもいい香り。
さっそく、パスタをゆでてからめてみました。

b0212492_23395829.jpg
お腹が減っていたのでついでにミニトマトを載せ、
納豆を載せ、最後に粉チーズ…。
まるでスパゲティジェノベーゼ。
洋風なんだか和風なんだかって感じですが
食べてみるとほぼ洋風。
とりあえず、大量に作って瓶に保存。
シソを大満喫しました。
分けてくれたK姉さん、ありがとう。

ところでこのなんちゃってシソペーストですが、
パスタ以外にもトーストに塗ってもいけそうな気がする。
あと、冷や奴の上なんかでも案外合いそうな気がする。
パスタの上の納豆ともなじんでいたので納豆に混ぜてもいいかも!
シソがたくさん手に入った方、ぜひお試しあれ。。

九州にも台風が近づいています。
外出する方も多いかと思いますが、安全対策はしっかりと。。


[PR]
# by emerald-isle | 2014-07-08 23:53 | 日常

レキシに愛をこめて(わたしのお気に入り)

どうもこんばんは。
先日、熊本でしか食べられないソフトクリームたべてきました。

陣太鼓ソフト

熊本県内の人なら分かるお菓子の香梅、
「銘菓、誉の、陣太鼓」でございます。
b0212492_1231245.jpg


会社の同僚とおやつを買いに出かけた香梅でのぼり旗発見
b0212492_1233417.jpg

いったいどういうソフトクリームだと1個注文
すると

お店のお姉さんが陣太鼓を1個目の前で袋から取り出した!
まさか
と思った次の瞬間
ソフトクリームの機械に陣太鼓IN

ええっ
あれよあれよという間にソフトクリームが渦巻きながら
コーンの上にご降臨。
b0212492_1235967.jpg

うっわあー・・・
早速頂いたところ

けっこう美味しいぞ!
ソフトクリームの中に時々あずき、時々求肥…
b0212492_1241829.jpg

食感が食べるたびに様々でございます。
味は、ソフトクリームと陣太鼓の味(!)。
ご興味がある熊本県民の皆さま、おためしあれ。

きょうは数年前からハマって聴いてる音楽…。
b0212492_1245428.jpg


見ての通り、レキシ。「歴史」ですよ。
amazonで完全なジャケ買いをしてしまいました。
しかも買ったCDがたまたま初回特典にひっかかり
b0212492_1243945.jpg

若干見にくいのですが
墨汁による直筆ジャケット…知らんかったからビビった。

ところでレキシは、
SUPER BUTTER DOGというグループ所属の
キーボーディストによるソロプロジェクトで
歴史にちなんだ歌詞をポップに歌い上げます。
まず曲名がストレート
b0212492_1255823.jpg


そしてノリノリで歌う歌詞がまたおかしい
例えば真田記念日
「君が先に討って出たから 僕は君を見失ったのさ
 あれ 大阪 あれ いつの陣? あれ冬の陣? いや夏の陣…」

参勤交代
「負担だってんだ、旅費がかさむ、大変、金がかかる、大名
 参勤交代 下にぃ 下にぃ」

メロディーにのせてさらに
「潤う、江戸の町」

ええじゃないか
「世直しダンシング 皆でご一新
 夜通し乱舞 照らされムーンライト
 化粧した男子 手を挙げてええじゃないか
 今日も空からお札降る oh yeah」

ダンシングと男子は韻をふみます。

で、日本史を学生時代にやってた人なら分かると思いますが
ちゃんと歴史の出来事に沿って歌詞をかいていて
歴史への愛を感じる…

で、このアルバムは他にもすごいところがありまして
まず、参加アーティストの呼び名
b0212492_1254083.jpg

切腹さん(スネオヘアー)
いかるがくん(蘇我大穂)
蹴鞠chang(玉田豊夢)

…なんかうまいこととらえてる。
さらに最近はフィーチャリングするアーティストも増えていて
b0212492_1251614.jpg

斎藤摩羅衛門(斎藤和義)
田ンボマスター(サンボマスター)
アーティストも豪華ならネーミングも秀逸。

そしてレキシによる「レキシ」には続編がありまして
b0212492_1264674.jpg

「レキツ」「レキミ」
歌詞もブラッシュアップされます

そうだレキシーランド行こう
「雪舟の山水画シアター
 千利休のティーパーティー
 渋い湯呑みでゆるくスピン」
「ビッグサンダー大仏殿
 彼女とぴったりくっつくなら
 狙い目はホーンテッド長屋
 暗くなる前に場所を確保
 キラキラ光るエレキテルカルパレード」

…ネズミの国では、アリマセン

恋に落ち武者 feat.足軽先生
「敗北したその消せぬレキシ
 大木の下大泣きし
 あの悔しさは今はどこに
 育てる キノコの苗床に」

…またも韻をふみます。

とにかくクオリティの高さに驚きと笑いがとまらないアーティスト。
最近、新譜が出たのでまた買ってしまいました
b0212492_1262361.jpg

レシキ
b0212492_127113.jpg

また直筆ジャケットつき…

テレビタミンのエンディングで
最新アルバムの曲が使われています。
「年貢 for you feat.旗本ひろし、足軽先生」
ご想像がついた方も多いでしょう
旗本ひろしは、秦基博。

キテます。

ぜひお試しください。
ちなみに私が第一印象で一番ハマったのは
三枚目のアルバム「レキミ」に収録されている

「甘えん坊将軍」

です。

それではまた一週間、実り多い日々となりますように。
[PR]
# by emerald-isle | 2014-06-09 01:36 |

アフタースクール

暑い夏が、じわじわと近付いております。
最近の朝食パンのお供はこちら
b0212492_23523796.jpg


旅先のイギリスで買ってきました
レモンカード。
ジャムでもマーマレードでもない英国発祥のペースト
材料はバター、卵、砂糖、そしてレモン。
b0212492_23435733.jpg

バターや卵の濃厚さを感じつつもレモンの果実そのままのいいところが残る。
爽やかな酸味と満足感がたっぷり詰まってます。

日本人にはあまりなじみがないためか
なかなか日本で売られているのをみないのですが(あってもやたら高い)
自分で作るサイトも結構あるみたい。

お目にかかる機会がありましたら、ぜひお試しを。。

さて先日。
映画「アフタースクール」を自宅で鑑賞しました。
“30代になったかつての同級生たちの大人の放課後を描く”
映画ということですが、そもそも

堺雅人が出ている

それだけで観たようなものだったのですが
とても面白い映画でした。

2008年の映画ですが、大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人の主演。
今見たって豪華なキャスト。
それぞれが母校の中学校で働く教師、探偵、
一流企業のサラリーマンを演じて…と思ったら観終わってみると
あれれれれ

最初のイメージと観終わった後のそれぞれの役柄のイメージが
全然違う。

コミカルでお人よしな教師の大泉洋
クールなのに人間臭さがにじみ出る探偵の佐々木蔵之介
エリート感たっぷりの上着をまとったソツがなさそうなサラリーマンの堺雅人
と思ったら…

それぞれの、引き込まれる演技にすっかりダマサレマシタ。。
そしてだまされたのは、脚本の仕込み方もあるからで…。

ストーリーは、後半でものすごい勢いでひっくり返るように
綿密に伏線が張られて仕込まれています。
観ている瞬間は何となく観ているシーン1個1個が
別の意味を持っていて、
パズルのように最後はぴったり合う。
そういう意味で
脚本(セリフ)も、嘘はついてないのについだまされる内容でした。

そしてこの最後にびっくりが待ち構える映画を
気軽に観られるのはきっと
怖い人も、クールな人もいっぱい出てくるのに
いちいち皆が、どこか可笑しいから。
ドキドキしながら観るんですけれど、
そこかしこで笑える。
軽ーい気持ちで観て、驚いて、終わりがけで一瞬穏やかな気持ちになって、
最後はカラッとした笑い。

このパズルのような脚本、どこかで…と思ったら内田けんじ監督。
白岳のCMや、「鍵泥棒のメソッド」の監督でした。
この映画も脚本に唸りました、「ええっ」と思わせるラストで
面白かったです。
主演は、半沢直樹と大和田常務(笑)。

ともかく、演技も脚本も光るアフタースクール、
お薦めです。。

ところでこの大好きな堺雅人さん、
(そこに戻るんかい)
映画「アフタースクール」当時って、今の私と同じ年齢。
…30代半ば、大人の放課後人生
うーん、私は色んなことが、まだまだです。。
[PR]
# by emerald-isle | 2014-05-18 23:55 | ART

有機果汁飲料

かなりご無沙汰しておりました。
気がつけば夏になろうとしております、あわわ。
この間に年が明け、ライブが4本も終わり、夏が近付き…
またぼちぼち綴っていこうと思います。

最近、フレッシュジュースみたいなものを
すごく買いあさる機会がありました。
たまたま立ち寄った輸入食品が豊富に揃うそろう酒屋で
美味しそうなレモネードが…
と、あれもこれもと気になっていたら気がつけば

レジに4本も持って行っていた(!)。
変な客です。

冷蔵庫で冷やして数日かけて飲み比べ。
したのが、下記5種。
b0212492_1213068.jpg

一番右は、うちに元々あったものですがこの際なので
飲んだ順に感想をまとめてみました。

まずは画面右から2番目、イタリア産
「14%有機レモン果汁入り飲料(炭酸ガス入り)」
常々美味しいレモネードを求めているので
何かよさげ…と思いチョイス。
さあ、飲んでみたのですが
b0212492_1222141.jpg


…おいしいレモネードですが、苦みが強め。
皮まで使ってるんだろうと思わせる
柑橘類の皮の苦みまでがレモネードに入ります。
こういうのが好きな人はいいかも。
瓶にエンボスで文字が入っていて、おしゃれ。
一輪差しとして活用中。
b0212492_1224572.jpg

ちなみにお隣の真っ赤なのは同じメーカーから出ている
ブラッドオレンジスカッシュ。
b0212492_123960.jpg

同じく、ブラッドオレンジの風味抜群。果実丸ごと的な感じです。
でもこっちの苦みはそんなに気にならず…。

数日後、うーんやっぱりあれは苦みがあったなあと思いつつ
次のレモネードをチョイス。
b0212492_1232887.jpg

先だってのレモネードと同じ会社から出ている
「13%有機レモン果汁入り飲料(炭酸ガス入り)」

1%、有機レモン果汁の比率が減った。
こちらのレモンはシチリア産だそうです。

飲んでみると、1%の差だか製法の差だかわからないが
全然味が違う!
こちらは殆ど苦み感じず。
すっきりさっぱり度、アップ。
ちょっと14%よりも炭酸が強めかなあ…
といっても日本のソーダ飲料に比べると炭酸はまろやかめ。
私はこっちが好みだ…。

続いてこれまた数日後。
画面向かって一番左
アメリカ産ジンジャーエール オリジナルに挑戦。
b0212492_123532.jpg

「生ショウガ、甘蔗糖(さとうきび)で作った
ナチュラルな本物ジンジャーエールです」
って裏面に書いてある。

何かとにかく自然な感じを強調。

で、飲んでみての感想ですが

おー、生姜ジュース…。
底にはすりおろし生姜が沈殿しております。
味も、生姜が活きている。
まさに自然のままで
「生姜でできてます!」を超強調。
かつ、サトウキビの甘みもがっつり。
生姜も甘蔗糖も濃く、素材の自己主張が激しい飲み物です。
甘くないジンジャーエール好きな人にはお薦め。

そして最後に画面一番右の
「ジンジャースプリング レモンマートル」。
b0212492_1241847.jpg

こちらはオーストラリア産で
レモンマートルというのは、オーストラリアのハーブのこと。
実はこれ、数か月前に熊本市内の某カフェで
ジンジャーエールを頼んだら瓶で出てきて
あまりに美味しかったので瓶の写真を撮り、
後日amazonで箱買いしたお薦めの1本(笑)。
有機の生姜と砂糖以外に先程のハーブ、レモンマートルのほか
有機のカモミールやセージ、スパイスローレルなど
ハーブがふんだんに入った一味変わったジンジャーエール。
レモンマートルのお陰と思われるのですが
ほのかにレモンの風味もあって先のアメリカンジンジャーエールと違い
さわやかさっぱりの味。
ちょっと炭酸は強めですが、飲んだ後に甘さが残らない。

値段は300円前後と、決して安くはないのですが
こだわりの果汁飲料、たまには試してみてはいかがでしょう?
[PR]
# by emerald-isle | 2014-05-17 12:25 | 日常